Science of Soft Robots – ソフトロボット学の創成:機電・物質・生体情報の有機的融合

研究成果

最近の論文

論文一覧

最近の国際会議

  • [A02] Tomoya Takahashi, Masahiro Watanabe, Kenjiro Tadakuma, Masashi Konyo, and Satoshi Tadokoro, “,Retraction Mechanism of Soft Torus Robot with a Hydrostatic Skeleton”, IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS) 2020, 2020.
  • [B01] Byeongwook Jo, Yuya Morimoto, and Shoji Takeuchi, “Modular tissue assembly for fabrication of complex and scaled up tissue”, MicroTAS 2020, pp. 839-840, 2020.
  • [B01] Yuya Morimoto, Shigenori Miura, and Shoji Takeuchi, “Formation of contractile skeletal muscle tissue with tendon tissue at both ends”, MicroTAS 2020, pp. 855-856, 2020.
  • [B01] Satoshi Inagaki, Keigo Nishimura, Yuya Morimoto, and Shoji Takeuchi, “Skin-equivalent culture device for applying vertical compression”, MicroTAS 2020, pp. 875-876, 2020.
  • [B01] Akihiro Sunagawa, Midori Negishi, Minghao Nie, Yuya Morimoto, and Shoji Takeuchi, “Formation of a neuron-muscle construct using neural cell fibers and skeletal muscle tissue for biohybrid actuators”, MicroTAS 2020, pp. 991-992, 2020.
  • [A01, B01] Jinhwa Lee, Yuya Morimoto, Masahiro Shimizu, and Shoji Takeuchi, “Exoskeletal biohybrid robot using antagonistic xenopus muscle”, MicroTAS 2020, pp. 1009-1010, 2020.
  • [B01] S. Kurumaya, F. Ito, R. Ono, K. Kagaya, and T. Nakamura, “ANTAGONISTIC DRIVE MECHANISM TO INCREASE IMPULSIVE FORCE INSPIRED BY EXOSKELETON SPRING SYSTEM OF MANTIS SHRIMP”, 23nd International Conference on Climbing and Walking Robots and the Support Technologies for Mobile Machines (CLAWAR2020), pp. 175-182, 2020.
  • [B01] H. Adachi, D. Matsui, K. Wakamatsu, D. Hagiwara, M. Ueda, Y. Yamada, and T. Nakamura, “Soil Transportation by Peristaltic Movement-Type Pump Inspired from the Lubrication System of the Large Intestine and Ceramic Art”, The 2020 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2020), pp. 1056-1062, 2020.

国際学会一覧

最近の国内会議

  • [A01] 佐山 将太朗, 加藤 弘一, 香月 政徳, 川嶋 保宏, 亀井 稔人, 田中 博人, “ホホジロザメ(Carcharodon Carcharias)の楯鱗を模倣したリブレットの流速の変化に対するロバスト性”, 日本機械学会第98期流体工学部門講演, OS05-2 0503, 2020.
  • [A02, A03] 猪股 翔平, 山﨑 裕太, 志賀 郁也, 亀岡 将成, シビル エムディ ナヒン イスラム, 渡辺 将広, 髙根 英里, 多田隈 建二郎, 古川 英光, 昆陽 雅司,田所 諭, “能動自己修復性ソフトロボット血管機構”, 第38回日本ロボット学会学術講演会, 1A1-03, 2020.
  • [A02] Anubrata Nath, Masahiro Watanabe, Eri Takane, Kenjiro Tadakuma, Masashi Konyo, and Satoshi Tadokoro, “Mechanical Rubber: Compressible “MechaMaterial” Fabricated through Continuous Threading of Beads”, 第38回日本ロボット学会学術講演会, 2A2-01, 2020.
  • [A02] 高橋 知也, 渡辺 将広, 髙根 英里, 多田隈 建二郎, 昆陽 雅司, 田所 諭, “非密閉式水圧駆動トーラス機構”, 第38回日本ロボット学会学術講演会, 2A3-06, 2020.
  • [A02] 高橋 優太, 恩田 一生, 高橋 知也, 小澤 悠, 髙根 英里, 渡辺 将広, 多田隈 理一郎, 多田隈 建二郎, 昆陽 雅司, 田所 諭, “円状断面構造化を基本核とする方向移動・駆動メカニズム”, 第38回日本ロボット学会学術講演会, 3C2-01, 2020.
  • [A02] 恩田 一生, 渡辺 将広, 髙根 英里, 多田隈 建二郎, 昆陽 雅司, 田所 諭, “径方向多段構造を有する加圧式1次元ジャミング転移機構”, 第38回日本ロボット学会学術講演会, 3J2-02, 2020.
  • [A02] 向出 陸央, 渡辺 将広, 高橋 知也, 小澤 悠, 多田隈 建二郎, 昆陽 雅司, 田所 諭, “能動多関節式径方向層状柔剛切替えメカニズム”, 第38回日本ロボット学会学術講演会, 3J2-03, 2020.
  • [B01] 荒井 俊人, 井上 悟, 東野 寿樹, 長谷川 達生, “Ph-BTNT-Cn単結晶薄膜における異方的伝導特性の起源”, 第81回応用物理学会 秋季学術講演会, 9a-Z11-1, 2020.

国内学会一覧

最近の解説記事・書籍(章・節)

  • [A01] 田中博人, “ペンギンの羽ばたき遊泳と翼運動模倣ロボット”, 応用数理, vol. 30, 2020.
  • [B01] 橋本 稔, “PVCゲルを用いたソフトアクチュエータ”, 高分子, vol. 69, No. 4, pp. 148-149, 2020.
  • [A03] 永井 健, 伊藤 浩史, 杉 拓磨, “アクティブマター集団の動的ネットワーク形成――線虫の集団運動”, アクティブマター日本物理学会誌, vol. 75, No. 1, pp. 34, 2020.
  • [A03] 杉 拓磨, 伊藤 浩史, 永井 健, “個体集団が生み出す動的秩序~線虫の集団運動による動的ネットワーク形成”, 生物物理誌, vol.60, No. 1, pp. 006-012, 2020.
  • [A03] 中嶋浩平, “物理リザバー計算の射程—ソフトロボットを例に”, システム/制御/情報(「システム工学を変革するソフトロボット学」特集号), Vol. 63, No. 12, pp. 505-511, 2019.
  • [A01] 新山龍馬, “変形・変化するロボットをめざして”, システム制御情報学会誌『システム/制御/情報』特集 システム工学を変革するソフトロボット学, Vol. 63, No.12, pp. 7–12, 2019.
  • [B01] 奥井学, 中村太郎, “生物規範型ソフトロボット”, 機械の研究, vol. 71, No. 12, 2019.
  • [A02] 鈴森康一, “空圧ラバーアクチュエータ”, 計測と制御 特集「ソフトロボット機構における温故知新」, Vol. 58, No. 10, pp. 755-760, 2019.

解説記事・書籍(章・節)一覧

最近の招待講演

  • [A02] Koichi Suzumori, Hiroyuki Nabae, Kinji Asaka, and Tetsuya Horiuchi, “Applying IPMC to soft robot”, APIE Electroactive Polymer Actuators and Devices (EAPAD) XXII, 2020.
  • [B01] 森本雄矢, “培養筋組織とデバイスの融合によるバイオマシンの構築”, 令和2年電気学会全国大会, 2020.
  • [A02] 古川英光, “3Dゲルプリンターから生まれたやわらかロボ ゲルハチ公とゲルクラゲ”, YMN令和元年度総会並びに研究会, 2020.
  • [A02] Fujie, T., “Emerging Flexible Devices for Advanced Healthcare and Medicine”, The 3rd Japan-Russia Joint Forum for Education and Research, 2020.
  • [A03] 中村太郎, “フルードパワーを用いた生物型ソフトロボットの開発と事業化への挑戦”, フルードパワー工業会, 2020.
  • [A02] 古川英光, “ソフトマターロボティクスー山形大学発のニューテクノロジー”, 日・独ジョイントワークショップ2019, 2020.
  • [A02] 古川英光, “3次元ゲルプリンティングを用いたインテリジェントマテリアル製造”, 一般社団法人レーザー学会 学術講演会第40回年次大会, 2020.
  • [A02] 古川英光, “3Dプリンターから展開するやわらかものづくりの共創イノベーション”, やまがた県企業立地セミナーin名古屋, 2020.

招待講演一覧

最近の表彰

  • [B01] 新竹純, “令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞”, 文部科学省, 2020.
  • [A03] 光武弘輝, 澤田秀之, “学生奨励賞”, 情報処理学会 第82回全国大会, 2020.
  • [A03] 平野夢得, 澤田秀之, “学生奨励賞”, 情報処理学会 第82回全国大会, 2020.
  • [A02] 福田憲二郎, “第19回船井学術賞”, 船井情報科学振興財団, 2020.
  • [A03] 竹井邦晴, “第19回船井学術賞(船井哲良特別賞)”, 船井情報科学振興財団, 2020.
  • [A01] 望山 洋, “Wired Creative Hack Award 2019 特別賞”, Wired日本版, 2019.
  • [A03] 井上克馬, “MHS 2019 Best Paper Award”, MHS, 2019.
  • [B01] 若松康太, “第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2019) 優秀講演賞”, 計測自動制御学会, 2019.

表彰一覧

特許

  • [B01] 発明者: 中村太郎, その他, “ポンプユニット及びポンプ並びに搬送物の特性検出方法,” 特願2019-238223, 出願人: 中央大学, 出願日: 2019年12月27日.
  • [B01] 発明者: 中村太郎, その他, ” ポンプユニット”, 特願2019-236321, 出願人: 中央大学, 出願日:2019年12月26日.
  • [A03] 発明者: 櫻井良, 若尾泰通, 中嶋浩平, “推定装置、推定方法、プログラム、及び学習モデル生成装置”, 特願2019-229782, 出願日: 2019年12月19日.
  • [A03] 発明者: 竹井邦晴, リューユーヤオ, “湿度センサ”, 特願2019-124507, 出願人: 大阪府立大学, 出願日: 2019年7月3日.
  • [A03] 発明者: 竹井邦晴, “歪センサ及びその製造方法”, 特願2019-084233, 出願人: 大阪府立大学, 出願日: 2019年4月25日.,/li>
  • [A03] 発明者: 竹井邦晴, “感圧センサ”, 特願2019-004407, 出願人: 大阪府立大学, 出願日: 2019年1月15日.,/li>
  • [A01] 発明者: 田中博人, 栢菅宏規, “羽ばたき動作機構及び羽ばたき動作機構の使用方法、並びに、羽ばたき動作機構を用いた推進装置,” 特願2018-184512, 出願人: 東京工業大学, 出願日: 2018年9月28日.